*。☆ *patati,patata* ☆。 *



Je suis en voyage …




                      今日はParisに行ってました


   このお片づけ週間 本も整理したのですが案の定 山に埋もれ読みふけってしまい…
    暫く 本を読む…そんな時間も気持ちもなかったけれど 読み出すと止まらない!

「セーヌ河岸からくると、ゲネゴー街のつきあたりにポン・ヌーフ小路がある。せまくてうす暗い一種の廊下のような路地で、これがマザリーヌ街とセーヌ街をむすんでいる。せいぜい長さは三十歩、道幅は二歩しかない。…」( 「テレーズ・ラカン」エミーユ・ゾラ )

        冒頭から いきなりわたしは一気にセーヌ河岸に降り立ちゲネゴー街を歩む…
                       そんなこんなで2,3時間、、、

          La dame aux Camélia (椿姫)を読み出すとオペラ座界隈へ…


                  それから Le Père GORIO (ゴリオ爺さん)
              この作品を読み始めると 目の前にこの建物が現れる




c0104788_2337555.jpg
 
              初めて語学学校の登録でソルボンヌ大学を訪れたとき
         わたしはその存在感に圧倒され 畏敬の念のようなものを抱きました

       今回もカルティエ ラタンで最初にソルボンヌに足を運んだ時もそれは変わらなかった


        バカンス中で中には入れなかったけれど この門をくぐると中庭があり
      左手の回廊から右の廊下を入る 古くてひんやりした廊下 建物の内部も
       どこか威厳があり それでなくても緊張してたわたしは本当に小さな存在

       何度か足を運ぶうちに わたしは実際にはソルボンヌの学生ではないのに
          ここがわたしの大学のような なんだか特別な存在になりました



c0104788_2354530.jpg

            前のソルボンヌ広場もこの時はひとが少なかったけれど
               今は学生がいっぱいで活気があるのかな


       そしてソルボンヌを右に上がって行くと Rue Soufflot (スフロ通り)に出て


c0104788_00832.jpg

パンテオンの右手を歩いて少し行くと Phonétique(発音)の授業を受けていた建物が見えてくる


       バルザックの作品を読んでいた時 まさかその舞台になった街を 通りを
                  歩くとは想像もしていなかったけど…


                     本っていうのは不思議
           そこへ行ったり 色々想像したり これも一種の旅かなー


                      明日から仕事だけど
              明日はロンドン辺りに行ってるかもしれません^^;



                     みなさまよい1週間を!
                      Bonne semaine !
by mlle-akko | 2007-05-07 00:19 | voyage*Paris*
<< C'est parti ! Rien de spécial >>


Paris にちょっぴり住んでました。今は日本です。        Japonから、日々のこと、           Parisのこと、旅先のこと…patati,patata、ペチャクチャおしゃべり
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31